弊社が大切にしているのは「出版の先にある未来」。
企画内容の打ち合わせ時には、出版をゴールとする内容ではなく著者様の描く未来を見据えたテーマをご提案します。

著者様の今までのご経験や現在のご活動を詳細に伺った上でプロットを切ります。
ご自身の想いを形にするためはもちろん、将来を見据えたブランディングに役立てていただくためのツールに『書籍』を活用しませんか?